Uncategorized

尿道憩室(その1)

投稿日:

私は今、7か月の息子を育てていますが…

実はこの間、息子を母に預けて入院&手術をしてきました。

その病気は「尿道憩室」というもの。

簡単に言うと、尿道にポケットのようなものができて、そこに膿がたまってしまうという病気です。

膿がたまっているだけならいいのですが、そこに菌が入ったりすると大変なことに…

基本的に治療は手術で袋ごと切除するしかありません。

 

この病気に気付いたのは息子の出産前、妊娠9か月頃。

会陰マッサージをしようとした時に気付きました。

何か「できもの」のようなものがある!!

きっと子宮に押されて、膀胱かなんかがはみでてきてるのかな~なんて悠長に思っていましたが…

診察の時に産婦人科の先生に相談、詳しく触診すると、その「できもの」は5㎝の大きさとのこと!

漢方を処方されて、出産までに小さくなることを祈りましたが…

結局小さくなること叶わず、出産予定日になってしまいました。

 

出産前(誘発分娩でした)、『この「できもの」が分娩時に邪魔をしてしまうかもしれない、帝王切開にしますか?』と、先生に聞かれました。

でも私は、なんとかお腹を切らずに出産できることを祈って(怖かったので)、普通分娩で挑みました。

 

結果、途中で帝王切開に切り替えることなく、通常分娩で出産することができました。

(できものをよけて産むために、かなり会陰切開は大きかったのですが…(汗))

とりあえず、よかった~~!!

 

でも、この「できもの」は残ったまま、産後も病院に通い続けることになったのでした…

≪つづく≫

-Uncategorized

Copyright© bunbunblog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.